皆さんいかがお過ごしでしょうか?
ケント100Sでございます。

前回に引き続き、ジムカスタムをやっています。
まずは今回の工作を終えた仮組み状態から。

3FB6C09F-6F34-45D2-9CD8-8EE039597380


ちょっとずついい感じになってますよ(自画自賛)
では、今回各部に施した工作をご紹介していきます(`・ω・´)


どんな感じに分割しようか迷っていた肩アーマーの後ハメ加工です。
迷走しながらも形になりました。

肩アーマーは男前な感じにド真ん中で前後に分割されているので、はさみ込む肩ブロックの塗り分けを楽にするために、いったん画像のような分割に変更してみました。

B74D50D5-15DA-47FD-A106-C1FAE65DF6F8


マスキングで対応する方法もアリだと思うんですが、肩アーマー内部のゴツい接続ピンを隠す加工をしたかったのと、基本的にパーツの裏側になる部分は暗い色に塗装するので後ハメ加工しておいた方が楽なんですよね。
赤いスラスターはマスキングでいけるのでそのまま挟み込んで接着しました。

でも、実際加工して組んだりバラしたりしてみると、完成後の強度が足りないじゃねーか!って気づきました(^_^;)
チャレンジ1回目、失敗(笑)

肩アーマー内側の加工のしやすさを優先して考えていたので、強度まで考慮できていなかったのが原因です。
なのでもっかい考えて、肩ブロックを固定するダボ穴をCの字形に加工する方法に変更しました。

088484C3-C048-43DE-B7D1-3806E3D45413


Cの字加工の後に切り離しちゃった部分を再接着。
接着面積が小さいので、スキマに伸ばしランナーを接着して気持ち程度に強度を上げています。
これで、肩ブロックを内側(胴体側)からパチっと挿し込む構造になりました。
何度か着け外してみて、問題ない様なのでこれでOKとしました。
遠回りしちゃいましたが、こういうトライ&エラーを繰り返すことで、失敗した時のリカバースキルの糧になる!って思ってます(なってるのか?)
こういう試行錯誤もまた良き(笑)


次に前腕です。
ちょっとあっさりしているのでディテールを加えました。

4984B2AC-A264-410D-B5DC-D188F5222F53


設定だと前腕はアレックスと共有パーツみたいなので、MGの様に共有部分の境目にスジ彫りとマルイチモールドを入れてみました。

73CFC3ED-CD5E-4C7E-AE05-5783BC97E79B


少しは説得力増したかな?


次は足首です。
そのままいこうと思っていたんですが、ついシリンダー的なものを仕込んじゃいました。

B38BB096-3DC9-4DA0-9110-01B088C27D69


金属色に塗装すれば映えるかなーっていう。
足首ブロックに穴を開けて2mmプラ棒を差し込んだだけのお手軽工作です。
ABSとプラの接着なので、いったん流し込み接着剤で位置決めの仮固定をして、乾燥後に瞬着で接着しています。
素立ちポーズで不自然にならない様に、少し内側に傾けて接着しています。
スネ内部を加工しているので、可動の制限はほとんどないです。


次はヒザアーマー。

最初は全然気にならなかったんですが、なんか腿との密着感がすごいなって。

A24F3D5D-4FD0-46C4-91EF-540795F93489


マスキングテープで大まかなラインを決めて、角度を変えてカットしてみました。

3EF3BA1F-38CF-459E-A108-4BD0075C2D7C


938AD11B-93E6-4A2F-9A31-9E62D17E75C6


これくらいが自然な感じでいいかも。


スネ周りはスジ彫りを深く入れ直しました。
HGUCジム改の時にもやったんですが「装甲がどの順序で被さっているか」を意識して彫り込む方向を変えています。
スネ以外も基本的にこの考え方を元に彫っています。

74892AB9-BA1F-4564-97B3-0A1E10097584


スネ装甲→ふくらはぎ装甲の順で被さっていると想像して、下から上に向かって彫り込んでいます。


次は腰ブロック周りです。
連邦エンブレムが入った赤いパーツを矢印のラインで上下に分割しました。

F9BC47B9-4ADD-4F0E-888E-589CF9F15D9B


分割した下の部分にあるスラスターのモールドが甘々なので、削り落として市販のスラスターパーツに変更しています。

8E11370E-34E6-4BC1-B8EC-37413181680D


ついでに連邦エンブレムのVモールドは塗り分けしやすい様に周りにスジ彫りを入れています。

DA6560E0-8A38-4E74-B07B-46504C9FC298


フロントアーマーはお約束の左右分割。
左右独立可動の他に、サイドアーマーに寄せる方向に動かせるので自然な感じになります。

リアアーマーのおしり部分にあるスラスターパーツなんですが、無くしちゃってるみたいでした(^_^;)
さすが7年半振り(笑)

021C48CD-B8DC-43BD-896A-0907946F28D1


簡単な部分なのでプラ板と市販パーツで作りました。
ちょっと大げさかな?まぁいいや。

27E80C6E-3289-4A7B-9BFE-88EB5D7C34A5


こういう小さいパーツは表面処理がしづらいので、私はこんな感じでヤスリがけをしています。

F1B63132-E3A6-4B21-8C2B-4832FE6FEC95


指やピンセットで持っても処理しづらいので、つまようじで押さえてクルクル回しながら処理しています。


次は頭部です。

両側のモールドは中央のリブが分厚く見えたので削り落として0.3mmプラ板で作り直し、周りのフチは外側から微妙に薄く削ってみました。
ついでに奥の方も深く彫り込んでみました。
口?頰?周りのモールドも彫り込んでいます。

96D9A0B0-0108-47D0-A106-A0BBAAC916FA


アンテナ部分は基部だけ活かして、アンテナ自体は0.3mm真鍮線で作りました。
基部周りにプラ板や伸ばしランナーで少しディテールを追加してみました。

EFE8D102-FD59-4673-9670-77ADE397A813



以上を踏まえて、もっかい仮組み状態。

3FB6C09F-6F34-45D2-9CD8-8EE039597380



なんだかんだで工作の終わりが見えてきました。
そろそろ細かい配色を決めていこうかなと思っています。
これもまた楽しい作業ですよね。

最後までご覧いただきありがとうございます!
それでは、また(*・ω・)ノ


模型・プラモデルランキング

人気ブログランキングへ

https://blog.with2.net/link/?2016710

https://blog.with2.net/sp/